マクタン空港からクリムゾンへ チェックインとデラックスルーム[セブ島・個人手配で新婚旅行2018]

前回の記事の続きです。

セブ島に着いて最初のミッションの両替もクリアし、気持ちもだいぶ落ち着きました。(Wi-Fiがつながらない問題は残ってますが)

次は、予約しておいたクリムゾンの送迎車を探しに空港の外へ出ます。

あわせて読みたい

今回の記事では、セブ島滞在時の移動手段をまとめてみましたので、よろしければセブ島に行かれた時の移...

マクタン空港からクリムゾンリゾートへ

マクタン空港からホテルへの移動ですが、私達は事前にホテルタクシーを予約していたので、クリムゾンのホテルタクシーの運転手さんと合流できればOKです。

ちなみにホテル送迎の予約は、クリムゾンリゾートの公式サイトの問い合わせフォームからメールしました。

事前予約する時はホテル送迎の情報があんまりなくて結構てこずりました(汗)

事前に予約はしたものの、ネット情報を見ると「一流ホテルであろうとも時間通りに来ない事もある」との情報が多数あって…不安が募ります。

「待ち合わせ場所がアバウト過ぎて会えないんじゃないか?時間通りに来る?そもそも予約できてる?」

そんな不安を抱えながら空港の出口を出たところ、大きな音楽が聞こえてきました。

旦那「あ、なんかやってる!お祭りだ!」

前の記事にも書きましたが、到着した日は「シヌログ」という年に一度のお祭りの最終日でした。

シヌログ祭り

旦那「うわぁホントにシヌログやってる♪写真写真!」

「…いいから早く運転手探そうよ(ーー;)」

シヌログに後ろ髪を引かれる旦那にちょっとイラっとしましたが、とりあえずウェルカムボード?的なものを持ってうろついている人がいないかを目安に探していきました。

運転手さんと無事合流

「あ、いた!」

出口を出てシヌログ祭りを越えたらすぐの所に、私達の名字が書かれたボードを持った男性を発見しました!

さすが五つ星のクリムゾンリゾート、ちゃんと私たちよりも先に待っていてくれました( ;∀;)

もっと右往左往するかと思いきや、あっけなくホテルの迎えの方と合流できちゃいましたね。

お迎えに来てくれた男性はきちっとした身なりで、普通のタクシーの運転手と比べると安心感がすごいです。

が、挨拶もそこそこに私達の荷物を取るとスタスタ早足な運転手さん。

あれ?引ったくりじゃないよね?この人について行って大丈夫?とほんの少し不安になるぐらい早足な運転手さんでした(笑)

「クリムゾンリゾート」と書かれた簡易カウンターに着き、男性がなにやら手続をしてくれて、他のスタッフが車のトランクに私達の荷物を積み始めました。手際良すぎです。

無事に待ち合わせに会うことができて安心したので、さっきのシヌログちょっと見せてもらえないかなぁ。。

なんてワガママも言えずテキパキこなす彼らの隙をうかがって、シヌログの顔ハメ写真だけ交代で撮ってきました(笑)

マクタン空港

クリムゾンリゾートのホテル送迎を使った理由

ホテルまでの移動手段はいくつかありましたが、

  • 夫婦揃って英会話が中1レベル
  • 初めてのセブ島
  • 新婚旅行でまごまごしたくない

ということで、なるべく不安材料をなくしたかったので少し割高でしたがホテル送迎を選びました。

せっかくのハネムーンの初日にトラブルに巻き込まれたくないという気持ちが一番強かったです。

ちなみに空港ホテル間の移動手段を決める際に参考にしたのは、セブ島No.1 総合情報サイトCebupot(セブポット)というサイトです。

参考サイト

セブ島にある様々な乗り物(タクシー、バス、ジプニー等)の特徴や価格相場、交通事情などをまとめました。

あわせて読みたい

今回の記事では、セブ島滞在時の移動手段をまとめてみましたので、よろしければセブ島に行かれた時の移...

クリムゾンリゾートのチェックイン

乗車した後は運転手さんとお互い片言で会話しつつ、セブ島の街中を見ていました。

ちなみに、車の中はほどよいエアコンで寒すぎる事もなく快適でしたよ!

車内から見た景色です。

セブ島の道路

フィリピン定番の乗物「ジプニー」です。

セブ島の道路

マクタン空港からは、30分位でクリムゾンリゾートへ到着しました。

クリムゾンリゾートアンドスパマクタン

送迎車から降車しようとすると、ホテルのお姉さんがすかさずウェルカムドリンクでお出迎えしてくれました!(写真は撮れませんでした)

「おいしーい♪」

すっごく美味しいトロピカルドリンクだったので全部飲みたかったんですが、なぜか車を降りる途中で渡されたのでとりあえず一口飲んでトランクから荷物を出すためにお姉さんに一旦返したら、そのまま下げられてしまいました。。

一気飲みすればよかった(泣)

まだ一口しか飲んでないよ…なぜこのタイミングで飲ませるのか…

美味しかっただけに残念ですが、気を取り直してロビーへチェックインしに行きます。

クリムゾンリゾートのロビー

カウンターがチェックイン客で混んでいて待ちそうな雰囲気だったのでちょっとウロウロしてみることにします。

クリムゾンリゾートの「インフィニティプール」がロビーから見えました。

クリムゾンリゾートのインフィニティプール

海とひと続きに見えるプールです。

クリムゾンリゾートのロビー

みなさん楽しそう、私たちも早くプールサイドでのんびりしたい!

インフィニティプールを前にワクワクが止まらない私たちですが、カウンターを見るとチェックインが一向に進んでない…。

どうやら前に手続きをしていた人がトラブっていたようで、結局20分くらい待たされました(汗)

ようやく私達の順番が回ってきたんですが、スタッフ同士で雑談しながらの対応だったのでちょっとびっくりしました(;^ω^)

でもこの感じが「フィリピンスタイル」なんでしょうね。せっかくなのでこういうゆるーい雰囲気も楽しまないとね!

デポジット料金について

チェックインの時にちょっと予想外だったのがデポジット料金です。

デポジットとは、チェックイン時に預けてチェックアウトの時に戻ってくる「一時預け金」です。

事前に色々調べて3,000ペソ程度かな~と見積もってたんですが、実際は2泊分の6,000ペソの請求だったので、若干焦りました。

(後から調べたらHPに1泊1室3,000ペソとちゃんと書いてありました)

ちなみにデポジットはクレジットカードで支払いができます。

また、クリムゾンホテルではVISAカードを使うとレストランなど一部の施設で20%OFFになるので、VISAカードを持っているなら忘れずに持って行った方が良いですよ!

少し時間がかかりましたが無事にチェックインが終わり、いよいよお部屋へ移動します。

クリムゾンリゾートではチェックイン時のお部屋案内はカートで連れて行ってくれます!

何度も言いますが、さすが5つ星リゾートホテルですね(^^)

クリムゾンリゾート
部屋からロビーまでは徒歩で5分もかからない位なんですが、なんか特別感があって良いですね♪

私達の部屋の前まであっという間に到着しました。部屋は2階です。

クリムゾンリゾート

続いてクリムゾンリゾートの「デラックスルーム」についてご紹介します。

クリムゾンリゾートのデラックスルーム

私達が泊まったのは「デラックスルーム」です。

クリムゾンリゾートの中では一番安い部屋になります。個人手配だったのでエクスペディアで予約しました。

クリムゾンのデラックスルーム

2人で2泊朝食付き50,406円という金額は、クリムゾンリゾートにしてはかなり安いです。

元々、セブ島旅行はプルクラが本命でクリムゾンは前泊的な扱いだったので

「クリムゾンには泊まれれば良いよね!」

ってことでデラックスルームしました。

クリムゾンリゾートのデラックスルームの室内

お部屋はこんな感じです。

クリムゾン デラックスルーム

なかなか綺麗で広いですよね?

写真はすでに荷物を置いた後なので、デスク周りはごちゃっとしてます(;^ω^)

ベッドの奥には縦に寝そべる事ができるソファーがありました。これは旦那が気に入って滞在中独り占めしてました(*^_^*)

そしてカーテンの向こうの眺望ですが…

クリムゾン デラックスルーム

「えっ??なにこれ…うそでしょ?工事現場?」

時期が悪かったのかな…(泣)

眺望Part2です

クリムゾンのデラックスルーム

うーん残念…5つ星ホテルにいる事を忘れそうなので、室内の紹介に戻りましょう( ノД`)

ベッドの横の開き扉を開けるとそこはバスルームです。

クリムゾンのデラックスルーム

こちらは逆側、バスルームから見たベッドルームです↓

クリムゾンのデラックスルーム

別角度からのバスルームと洗面台です↓

クリムゾンのデラックスルーム

洗面台の右側にはシャワールームとトイレがあります。

クリムゾンのデラックスルーム

ちなみにトイレの左側にあるシルバーの物体はウォシュレットです。

セブ島ではこういう手で持って使うウォシュレットが主流です。

そもそもウォシュレットがあるトイレ自体がなかなかないので、あるだけでもありがたい!街中のトイレは便座がなかったりしますからね(汗)

流すときはタンクの上をグイっと押して流します↓

クリムゾンのデラックスルーム

トイレの隣のシャワールームです。

クリムゾンのデラックスルーム

海外では固定シャワーだけのホテルも多いので、ホースタイプだとありがたいですね!

洗面台です。

クリムゾンのデラックスルーム

アメニティです。

クリムゾンのデラックスルーム

私たちは歯ブラシを持参したので使いませんでしたが、歯ブラシはヘッドがかなり大きくて使いづらそうでした。

ドライヤーとコンセントの差込口です。

クリムゾンのデラックスルーム

セブ島は、日本のプラグでも変圧器不要でそのまま使用できるので便利ですね(*^_^*)

バスタブの横にあったボディーソープとシャンプー、リンスです。

クリムゾンのデラックスルーム

日本から固形石鹸とノンシリコンシャンプーを持参したので、こちらは一度も使いませんでした。

続いて室内に戻ります。クローゼットはベッドの横にありました。

クリムゾンのデラックスルーム

クローゼットの中に金庫があるので、滞在中はこの中にパスポートやら日本円やら入れておきました。

ビーチサンダル。大小サイズが置いてあってありがたかったです。

クリムゾンのデラックスルーム

ベッド周りです。

クリムゾンのデラックスルーム

ベッドのサイド(センター?)テーブル

クリムゾンのデラックスルーム

TV台の上には無料のティーセットコーナーがありました。

クリムゾンのデラックスルーム

なんと紅茶が…開封済みでした…(苦笑)

クリムゾンのラベルがついたお水も無料です。

クリムゾンのデラックスルーム

クリムゾンのデラックスルーム

ミネラルウォーターではないのかな?でも普通に飲みやすいお水でしたよ(*´▽`*)

こちらは冷蔵庫の中です。中に入っているものは無料です。

お菓子:ピーナッツキスとキットカット
お酒 :サンミゲルビール×2本
ジュース:コーラとスプライト

2泊しましたが、補充はありませんでした。
 

クリムゾンリゾートのサービスについて

シャワールームの水はけ問題

他の人のブログにも書いてあったので予備知識はありましたが、シャワーを使っていると画像の赤丸部分からシャワーのお湯が出ます。

クリムゾンのデラックスルーム
そのままだと洗面所の床が水浸しになるので、それを防ぐためにタオルを当ててましたが、

タオルもびちょびちょになる&結局床も濡れる

のであまり問題は解決されず、ここはちょっと不快でした(;^ω^)

シャワーを浴びる時のコツとしては、シャワーから出てくるお湯を壁側に当たるようにすれば多少はマシかもしれません。

タオル交換について

旅行前の事前情報では、

「クリムゾンに泊まったけどタオルを交換してくれなかった!」

というのをネットで見かけていました。

もしかしたら、バスルームに干しておいたりすると分かりづらくて交換しないのかな?と思ったので、使い終わったタオルは部屋のドアの前の床に置いて「交換して」アピールをしておきました。

結果、2泊ともちゃんと交換してくれたので

「タオル交換してくれてないじゃん!」

と旅行中にイヤな気持ちになりたくない方は、最初から分かりやすく置いてあげると良いかもしれませんよ(*^_^*)

自分で洗濯するときの注意点

セブの気候は日本の夏のような感じで湿気があります。
太陽が出ている場合は洗濯ものも比較的乾きやすいと思いますが、天気が曇っていたり夜に干した場合にはなかなか乾かないので、厚手の衣類を洗濯する場合は注意が必要です。

クリムゾンリゾートのWi-Fi

空港からホテルに着いても「イモトのWiFi」が一向に使えなかったので、とりあえず最初のうちはクリムゾンのFree Wi-Fiを使用していました。

Wi-Fiの パスワードはカードキーと一緒に入ってます。速度はかなり快適で検索もスイスイできましたよ(*´▽`*)

ちなみにですが、イモトのWi-Fiが使えるようになったのは翌日でした。

旦那はWi-Fiがつながるまでの間

「一週間Wi-Fiなしでどうやってセブ島で生きていこう…」

とず~っと不安だったそうです(笑)

参考 海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

部屋チェックを念入りにしていたら、時刻は既に16:00を回っていました。

もうお腹もぺこぺこです…。「Wi-Fiがつながらない…」と終始Wi-Fiが気になる様子の旦那をなだめつつ、マリーナモールへ食事と買い物に行くことにしました。

という事で次回はマリーナモールのご紹介です。

長々読んで頂きありがとうございました。

それではまた(^^)

あわせて読みたい

セブ島新婚旅行の初日は、ホテルでの片付けを終えると夕方近くなってしまうのでクリムゾンリゾートから...
セブ島初日の夕食はフィリピンの名物料理『レチョン』を食べると決めていました。 セブ島のレチョンと言...
ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントは受け付けていません