プルクラ(Pulchra)のメインプールとフォンスバー[セブ島・個人手配で新婚旅行2018]

今回はプルクラのメインプールと周辺の様子をご紹介します(*^_^*)

プルクラ(Pulchra)のメインプール

プルクラのメインプール

プルクラのメインプールは、レストラン『ヴェントス』の周りを一周している全長150mの回遊式プールです。

プルクラのメインプール

メインプールの外側にあるバー「フォンズ」はプールに入りながら利用できます。

  • メインプールの利用時間:6:00~20:00
  • フォンズバーの利用時間:24時間

メインプールの利用時間中はライフガード(救助員)が1名います。

メインプールで借りられるもの

レストラン『リーパ』の前にレンタルスペースがありました。

【借りられるもの】

  • タオル
  • ライフジャケット
  • シュノーケルセット
  • マリンシューズ
  • ビート板
  • 浮き輪(子供用)

全て無料で借りられるので手ぶらでプールに行けばOKです(^^)/

プルクラのメインプール

プルクラのプライベートビーチ

ライフジャケットやマリンシューズ、シュノーケルセットはプライベートビーチでも使えます。

メインプールのダイビング練習用ゾーン

↓この滝付近のプールの水深は3メートルとかなり深さがありました!

プルクラのメインプール

なぜこんなに深いのかというと『ダイビングライセンス取得プログラム用』に作られたから、だそうです。

水深3mゾーンに入る前にはコースロープが張ってあります↓

プルクラのメインプール

ロープをくぐらないと行けないので「気が付いたら深くなっていた」という心配はありませんでしたよ(*^_^*)

旦那は何度も潜って耳抜きの練習をしてました。

プルクラのメインプール

メインプールの一日の様子

写真は別日の寄せ集めですが、朝から夜までのメインプールの様子をご紹介します。

↓朝一の掃除風景です。

プルクラのメインプール

スタッフ数名で長ーいホース?のようなものでプールを綺麗にしていました。

プルクラのメインプール

いつもスタッフの方から「モーニン」と笑顔で挨拶してくれます(*’ω’*)

プールサイドから見た『リーパ』。テラスで朝食中の人達が見えます。

プルクラのメインプール

ココナッツジュースを運ぶスタッフにカメラを向けたらピースしてくれました♪

プルクラのメインプール

日中のメインプールとヴェントス↓

メインプールの一日

プールもプールサイドもヴェントスも、いつでも人が少ないので非日常にどっぷりと浸れます。

私はプールサイドで昼寝→読書→暑くなったらプールに入る、を繰り返しました。

メインプールの一日

旦那はずーっと泳いでました。さすが私より若いだけあるわ(笑)

メインプールの一日

夕方、日が暮れてきた頃のプール付近の様子です。ハンモックが吊るしてあります。

ハンモックの乗り心地は「微妙…」との事でした(笑)

美しい夕暮れとメインプール&ヴェントス↓

プルクラのメインプール

夜のメインプールはライトアップされて、昼間とはガラッと雰囲気が変わります↓

プルクラのメインプール

夜のフォンズバーです↓

プルクラのメインプール

次にこちらの「フォンズバー」についてご紹介します(*^_^*)

プルクラのプールバー「フォンズ」

メインプールの外側に隣接しているバー「フォンズ」はプールに入ったまま利用できます。

プルクラのプールバー「フォンズ」

遊び疲れたので『フォンズ』まで泳いでおやつタイムにします。

プルクラのプールバー「フォンズ」

フォンズで頼んだメニュー

フォンズで頼んだのはこちらの2品

  • マンゴーシェイク 280ペソ
  • チョコバナナサンデー 280ペソ

ふたつで646.6ペソ(税・サ込)日本円で1,400円位でした。

水の中にイスがあるので座って待ちます。

プルクラのプールバー「フォンズ」

マンゴーシェイクは目の前で作ってくれました!

プルクラのプールバー「フォンズ」

フォンズでは基本飲み物だけしか作れないようで、チョコバナナサンデーはヴェントスで作ったものを持ってきてくれました(^^)

プルクラのプールバー「フォンズ」

泳ぎ疲れた体に甘いものが美味しかったです♪

おやつを頂きながらスタッフの包丁さばきに見とれます↓

プルクラのプールバー「フォンズ」

パイナップルの細工がお見事でした!

プルクラのメインプールとプールバーはすいてる

私たちがセブ島に行った時期が良かったのかもしれませんが、プルクラに滞在している間、メインプール周辺には多くても3組くらいのお客さんしかいませんでした。

スタッフも最低限の人数しかいないので、タイミングによっては「メインプールをひとり占め!」ということも珍しくないかもしれません。

これだけメインプールに人が少ないと「プライベートプール感」も味わえるので、空いている時期はプライベートプールが付いていない部屋に泊まって宿泊費を抑えるのもアリ、と思いました♪

以上、プルクラ(Pulchra)のメインプールとフォンズバーについてでした。

長々読んでいただきありがとうございました!

それではまた(^^)/

あわせて読みたい

今回はクリムゾンリゾートのインスタスポット「インフィニティプール」のご紹介です。 クリムゾンと言え...
プルクラ滞在中にディナーとランチでルームサービスを2回利用しました。 今回は、プルクラのルーム...