バニラエアでマクタン空港へ[セブ島・個人手配で新婚旅行2018]

前回の続きです。

成田第三ターミナルの搭乗口からバニラエアまでのことや飛行機内のこと、マクタン空港の様子などについて書いてますので、何か参考になる事があれば幸いです(^^)/

あわせて読みたい

前回の続きです。 プルクラから1時間半でマクタン空港に着き、出国手続きを行います。 バニラエアを...

バニラエアでマクタン空港へ

バニラエア搭乗

フードコートで腹ごしらえを済ませて手荷物検査へ向かいます。(写真撮影禁止ゾーンでした。)

手荷物検査終了、搭乗口の手前にある免税店はちょっと寂しい感じですね。

はじめてのバニラエア

免税店はあっさりスルーして進みます。

はじめてのバニラエア

はじめてのバニラエア

200mほど歩くと搭乗口に降りる階段があります。階段を降りる前に飲み物やお菓子の自動販売機とトイレがありますよ。ちなみに階段降りたら何もありませんのでここで済ませましょう。

階段を降りると待合スペースで皆さんお待ちかねです。バニラエアは結構遅れるなんて聞いてましたが、今回は遅れもなく定刻通りに搭乗開始できました。ついてます♪

私達が搭乗する飛行機です↓

はじめてのバニラエア

みんな口々に「小さ~い!かわいい♡」と言ってました。

はじめてのバニラエア

階段?で乗り込みます。この階段タイプは初体験だったので何気に楽しかった(^^)♪

バニラエアのリラックスシートについて

今回私達は「なるべく快適に飛行機に乗りたい」という旦那たっての希望により一人1,500円追加して最前列のリラックスシートを予約しました。

参考 座席の指定(バニラエアHP)

↓↓リラックスシートなら足元広々で男性でも快適なようです

バニラエアのリラックスシート

ちなみに身長155cmの私なら軽いストレッチもできるくらいの広さ。バニラエアのリラックスシート

広いからというか私の足がみじかいからかもしれません(´;ω;`)ウッ…

まぁとにかく通常の席より広いのは間違いないんですが、このリラックスシートには欠点もあります。それは、

離着陸の時は前の荷物入れに入らないモノは全て上の棚に入れなければいけない

ということです。

しかも前の荷物入れはこんな感じで全然物が入りません。

バニラエアのリラックスシート

ペットボトル入れただけでパツパツです(^^;

ただし、荷物を上にあげるのは離陸からシートベルト着用サインが消えるまでの間なので、着用サインが消えたら上の棚から荷物を取り出してOKです。(着陸する前にまた上の棚に入れる必要があります)

この辺が気にならなければリラックスシートは快適でおすすめですよ(*^_^*)

入国審査カードの書き方

搭乗してすぐにCAさんからフィリピンの入国審査カードが配られました。

フィリピンの入国審査カードの書き方

旦那は入国審査カードの書き方をしっかり調べてiPhoneのお気に入りに入れておいたみたいなんですが、

「しまった、飛行機の中だとWi-Fi繋がらないから見れないT_T」

そうでしょうね…(苦笑)

Wi-Fiがつながらなくても大丈夫。バニラエアの備え付けパンフレットに書き方が書いてあります。

フィリピンの入国審査カードの書き方

ここで、「あれ?専業主婦って英語でなんて言うの?」と私。

職業を記入する欄があったんですが、英語で書けずに空欄にしました(汗)

結果、空欄で問題なかったですが、こんな簡単な英語も分からない自分にショック…ちなみに専業主婦は「housewife」というらしいです。

何はともあれ入国審査カードの記入は無事完了。

バニラエアの機内食

LCCなので機内食は有料です。

割高なのでメニューを見て楽しむことにします。だって見てるだけでも楽しいし…(我慢)

こちらがメニューです、良かったら参考にしてみてくださいね↓

バニラエアの機内食

フードメニューです↓

バニラエアの機内食

メンチカツ1個650円よりバニラエア弁当1,000円の方が割安感がある感じ。

バニラエアの機内食

↑隣の人が食べていた絶品オムライス。ありがたく頂きましたよ…匂いだけね…。

食べてる率№1は日清カップヌードルでした!これも匂いがたまりませんでした…(*´Д`)

バニラエアの機内食

バニラエア特製クリームパンが美味しそう!

バニラエアの機内食

ドリンク類にしじみ汁が!この中で一番惹かれた飲み物です。

バニラエアの機内食

お支払いは現金かクレジットカードだそうです。

そんなこんなであっという間にセブ島が見えてきました♪(実際はひと眠りしました)

バニラエアから見たセブ島
ああ、上空からでも日本とは海の色が違うような気がしますね♪

無事マクタン空港に着陸。ちょっと曇り気味でした…。

バニラエアから見たマクタン空港

セブマクタン空港の入国手続き

マクタン空港

最前列の席だったので一番乗りで飛行機を降りた私達ですが、特に誘導員らしき人もいなくてどちらに進んでいいのやら…案内が英語で書いてあったのかもしれませんが、どこを見ていいのかもサッパリわかりませんでした。

↓誘導してくれてるように見えてただ歩いてるだけだった人(笑)

マクタン空港に到着

乗客の中にマクタン空港に慣れてそうな人がいたので、後をついて行って無事に入国手続きカウンターにたどり着きました。

マクタン空港

ここで後ろを振り返るとあっという間に行列ができていました。やっぱり早く降りてよかった!

マクタン空港の入国手続き

入国手続きは難なく終わり、荷物の受け渡し場所へ移動します。空港スタッフが、

「バニラエアーはこっちだよ」

と英語で誘導してくれました。

マクタン空港

荷物を受け取り、最後にもう一度パスポートを確認されて無事に空港から脱出!

マクタン空港
飛行機を降りてから15分位で出られたので早かったですね(*^_^*)

マクタン空港での両替について

セブ島について最初のミッションがこの「空港で両替」です。

空港はレートが悪いとの事前情報に従って少なめに5000円分両替する予定でした。

写真は両替所の前のレート表?です。

マクタン空港での両替

両替窓口は結構並んでいましたが、10分ほどで順番が来ました。

マクタン空港での両替
この時、10,000円札しか持っていなかったので窓口のお姉さんに

「5,000円分両替したいんだけどー」

という感じのニュアンスを伝えたところ、

超絶ぶすっとされてしまいました…(´Д`)

で、私の希望はガン無視で強制的に10,000円分のペソを渡されました…。日本では考えられない激辛対応でしたが、お姉さんのおかげで

「ああ、私は今異国の地 セブ島にいるんだ…!」

と、さっそくセブを実感させてもらうことができました(笑)

まぁ予定通りではなかったけど、とりあえず両替ミッションクリアです。

私が両替で異国を感じている間、やけにおとなしかった旦那はというと「イモトのWi-Fi」と格闘中でした。

旦那「Wi-Fi、つながらないんだけど…」「このWi-Fi使えないかもしれない…」

とこっちはこっちでかなりテンパってましたね(笑)

「Wi-Fiは後にして!両替終わったから早くお迎えの人探さなきゃ!」

うなだれる旦那を引きずってお迎えの人を探しに行きました。

後で分かった事なんですが、どうやら到着してすぐはWi-Fiがつながらない事が多いようですね。近くにいた女子達もつながらなくて困っていた様子でしたよ。

イモトのWi-Fiについて

イモトのWi-Fiは

携帯のWi-Fi設定で受信できるようにしておけば電源オンするだけ

でつながります。

到着してから特別な作業などはありません。

ただ、到着して半日くらいは繋がらない可能性があるのでWi-Fiなしで動ける準備をしておいた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、旦那が出発前に参考にしていたのがこちらのサイトです。

参考サイト

海外旅行前にスマホの設定方法がわからず、空港で困ってしまった経験はありませんか? 高額請求を気にせずに、海外でも安心してスマホを使える設定方法をタイプ別にまとめました。

参考 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi

「海外行ったら知らない間に莫大な通信費が!」

なんてことにならないように、海外に行く前に携帯の各種設定を変更しておくことをお勧めしますよ(*^_^*)

マクタン空港のシヌログ感

私達がセブ島に行った日は、年に一回のセブ最大のお祭り

「シヌログ」

の最終日、グランドパレードでした。

今回は初めてのセブ島旅行だったので、シヌログに参加できるほど気持ちに余裕がなかったのですが、シヌログはかなり盛り上がるみたいなので次回タイミングが合えば行ってみたいなーと思ってます。

本格的なシヌログ祭りには行けなかったですが、空港の中と外でほんの少しだけシヌログ風味を感じたのでご紹介しますね(*^_^*)

これは空港の荷物受け取り場所ですが、お祭り期間中だからかシヌログのお面がついてます↓

マクタン空港

お兄さんが着ているのはシヌログTシャツです、かっこいい。

マクタン空港

空港の外でシヌログの衣装を着たお姉さんに出会えました。

お姉さんとセットのシヌログ楽団の方たち。賑やかでした♪

シヌログ祭り

実際のシヌログはもっと華やかです(;^ω^)

また詳しく紹介しますが「ナガ」という小さな町のショッピングモールに行った時に、シヌログの踊りを見るチャンスがありました!

実際のシヌログパレードでは

「ビバ!ピッシニョール(Viva! Pit Senyor!)」

と掛け声がそこら中で上がります(ビサヤ語で「サントニーニョに栄光あれ!」の意味)

※シヌログはセブの守り神であるとされるサントニーニョ・デ・セブ像を称えるお祭りです。サントニーニョは幼き日のイエス=キリスト像でフィリピン人の信仰の対象になっていいます。

次回は最初の宿泊先クリムゾンリゾートホテルの送迎スタッフと合流します。

それではまた(^^)/

あわせて読みたい

カビラオ島シュノーケリングの後、無料シャトルバスで「ナガ」に買い物に行きました。 今回はセブ島でも...
ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントは受け付けていません